6月6日(日)14時から企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」の展示解説を行いました。24名の方々に参加いただきました。

_MG_3132.JPG

第1章では当館逸品の収蔵資料がずらり。各学芸員がそれぞれ選んだ逸品について、その貴重さや重要性、面白みをわかりやすく解説していきました。下野国誌やニホンカワウソ、野州麻の生産用具、ニホンジカ・カモシカなど、次々と話題が変わる中、参加者の皆様は熱心に耳を傾けられていました。

_MG_3138.JPG

_MG_3162.JPG

第2章、第3章ではそれぞれ資料収集活動や保管方法と収蔵資料の活用法について展示されており、栗原学芸員によりそれらの概要が解説されました。展示解説後も、学芸員に質問したり展示資料の写真を撮ったり、楽しんで展示をご覧いただけたと思います。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

第129回企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」は今月27日(日)まで開催していますので、当館の「宝」の収蔵資料をぜひご覧ください。当館イメージキャラクターの「みーたん」も企画展展示室で皆様のご来館をお待ちしております。

なお、第129回企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」の関連行事は下記の日程で開催される予定です。


●新収蔵庫ガイド ※全日程で満員となりました。たくさんのご予約いただきありがとうございます。
6月12日(土)①11:00~12:00 ②13:30~14:30
6月13日(日)①11:00~12:00 ②13:30~14:30

●学芸員とっておき講座 ※13:30~15:00で予約が必要です。まだまだご予約お待ちしております。
6月20日(日) 「美術工芸収蔵資料じまん話」

(自然課 北野)

ただいま開催中の企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」の入館者数が、本日1万人を超えました!

記念すべき1万人目のお客さまは、宇都宮市在住の大柿ひかりさん(8歳)です。お母様の貴子さん、弟の宣貴くんと3人で来館されました。

先週、中央公園で遊んだ時に企画展の看板を見たことをきっかけに、博物館にある昔のものを見たい、とご来館くださいました。歴史がお好きなのだそうです。

当館館長から記念品として、企画展図録、博物館レストラン限定メニュー 馬車に恋して♡ペア食事券、みーたんストラップ、博物館招待券が贈られました。

210605.jpg

「1万人目になるなんて、びっくりしたけど、うれしいです」と喜びの声をいただきました!
記念撮影のあとは、みーたんがミミズク土偶へご案内。
これからも博物館を楽しんでくださいね。

開催中の企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」の開催期間は6月27日(日)までとなっております。皆様のご来館をお待ちしております。

今後の企画展関連行事は、下記の日程で開催される予定となっております。

・展示解説 ※14:00~15:00
 6月6日(日)

・学芸員とっておき講座 ※13:30~15:00(要予約)
 6月20日(日)「美術工芸収蔵資料じまん話」

(自然課 猪狩)

ミヤコタナゴの赤ちゃんが生まれました!

皆さん、こんにちは!
当館の2階の展示室には、国の天然記念物「ミヤコタナゴ」の水槽があるのをご存知でしょうか?

①ミヤコタナゴ水槽.JPGのサムネイル画像

②ミヤコタナゴ大人.jpg
上の写真は、ミヤコタナゴのオスです。オレンジ色の婚姻色がきれいに出ています。

その水槽で、今月18日にミヤコタナゴの赤ちゃんを確認しました!
急いで稚魚用の白いネットを準備し、保護!

③ミヤコタナゴ稚魚.jpg

ミヤコタナゴは、マツカサガイなどの二枚貝に卵を産み付けます。
卵から孵った赤ちゃんは、約20日間、二枚貝の中で成長した後、貝の外に出てきます。

どうやら、4月中旬ごろ水槽に入れたカワシンジュガイに、ミヤコタナゴが卵を産んでいたようです!
今回生まれたミヤコタナゴが、無事に大きくなりますように!

(自然課 森嶋)

みなさんこんにちは。

5月30日、日曜日に博物館でやってみよう!「昔の暮らし体験①石臼・薬研」を行いました。

IMG_9724_R.JPG

これは石臼(いしうす)といいます。

これを使って、色々なものを粉にすることができます。

例えば、そばをそば粉にしたり、大豆をきな粉にしたりできます。

IMG_9739_R.JPG

一生懸命回していますね。ちゃんと出てきたかな?

IMG_9722_R.JPG

あけてみたら、ちゃんときな粉ができていたね。

昔の子どもは、これが仕事だったんだって。なかなか大変だね。

IMG_9733_R.JPG

そしてこちらは薬研(やげん)という道具。

これを使って、植物などを細かくして薬を作っていました。映画やドラマで見たことがありませんか?

今回はみかんの皮をすりつぶしました。

参加していただいた皆さま、ありがとうございました。

次回の博やろは、6月27日(日)「手ぬぐいでミニ巾着をつくろう」です。14時から15時半頃の開催です。ご予約は不要ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

解説員 相子・髙原

5月22日(土曜日)、宇都宮市多気山にて観察会「スミレをさがそう!」を行いました。

 

観察会の様子を少しご紹介します。

当日は、朝からあいにくの雨模様。傘を差しながら出発です。

kansatsukai-1.jpg

足元に気をつけながら、進んでいきます。

ただし、スミレの花の見ごろは4月中旬頃。花は終わりを迎えています。今回は、なかなか注目することのない葉を見ながらスミレをさがします。

また、この時期見られるものとして、スミレの種子があります。見たことはありますか。

kansatsukai-2.jpg

今回は、事前に採取したいくつかの種子を比べて、違いを観察しました。

 

スミレ以外にも、シラカシやウラジロガシなどのカシ類、サクラなど、見かけた植物を星学芸員が解説。

kansatsukai-3.jpg

雨が続いていたので例年より短い観察会でしたが、花の時期以外の植物の様子を観察できました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

(自然課 半田)

515日(土曜日)、企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」第1回目の展示解説を行いました。

0-tenjikaisetu.jpg 

今回は、18名の方々が熱心に聞いてくださいました!参加してくださった皆様、ありがとうございました。

第1章では、企画展示室内で展示中の「宝」を、各担当者が解説していきました。ひとつひとつ解説していくので、ボリューム満点。当館のキャラクターである「みーたん」にも、展示室で会えます!

1-tenjikaisetu.jpg

第2章、第3章では注目してほしいポイントをまとめて星自然課長が解説し、自由にご覧いただきました。解説後には、質問も受け付けました。

次回の展示解説は6月6日(日曜日)、14時~15時に開催予定です。予約は不要ですので、企画展示室前までお越しください。

企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」は6月27日(日曜日)まで開催しています。なかなか見ることのできない収蔵庫の「宝」を、じっくり鑑賞してみませんか?

(自然課 半田)

1 採用予定人員 1名

2 応 募 資 格 動物に関する博物館資料の整理や普及教育活動に熱意を持つ者
哺乳類又は鳥類の骨格標本又は仮剥製標本の作製経験がある者 等

3 選考方法等 令和3(2021)年6月18日(金)小論文、面接

4 受付期間 令和3(2021)年5月19日(水)~令和3(2021)年6月11日(金)

詳しくは募集要項【学芸・動物】を御覧ください。
募集要項【学芸(動物)】.pdf

様式1選考願書【学芸・動物】 .pdf

様式2 履歴書【学芸・動物】.pdf

皆さんこんにちは!

博物館では5月5日に博物館でやってみよう(通称・博やろ)「折り紙でかぶとを作ろう」を行いました。その様子を少し紹介します。

IMG_3429_R.JPG

今回は簡単な「基本編」と少し難しい「初級編」の二種類、どちらかを折りました。

折り方シートを参考に、作っていきました。

IMG_3427_R.JPG

IMG_3433_R.JPG

折り方の難しいところもありましたが、皆さん頑張って、素敵なかぶとができました!!

IMG_3436_R.JPG

IMG_3434_R.JPG

参加していただいた皆さま、ありがとうございました。

次回の博やろは、5月30日(日)「昔の暮らし体験①石臼・薬研」です。小学生対象のイベントで、14時から15時半までの開催です。ご予約は不要ですので、ぜひお気軽にご参加ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

教育広報課 解説員

毎月第3日曜日は県博デー!

5月16日(日)、学芸員とっておき講座「しゃべる押し葉標本」を開催しました。押し葉標本が何を語り、教えてくれるのか、当館の星学芸員が紹介します。

学芸員とっておき講座は、現在開催中の企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」の関連行事です。

まず、標本ができるまでのお話です。

1標本できるまで.jpg

採集した植物を整形して乾燥させ、台紙に貼ります。台紙には、押し葉と共に採集した日付や場所を記したラベルも貼ります。このラベルもとても重要な語り部です。

このように完成した押し葉標本が、当館には約20万件収蔵されています。

さて、いよいよ標本が何を語っているのか、というお話です。

こちらのオナモミの標本は「あったこと」を教えてくれています。

2オナモミ.jpg

今では、ほとんど見られなくなったオナモミですが、1967年に鹿沼市で採集された標本があることで、栃木県にオナモミが存在していたことを物語っています。

次は、「個性」を語る標本です。

3グンナイキンポウゲ.jpg

たくさんのグンナイキンポウゲの標本を比べることで、葉の形や花びらの形など特徴を詳しく調べることができます。

とてもよく似ているグンナイキンポウゲとオオウマノアシガタ。その違いは、花びらのつけ根の形だそうです。標本が1mmくらいの小さな個性を教えてくれました。

ほかにも、沼が埋め立てられる前に採集された標本は、現在はなくなってしまった沼やその周辺の湿地がどのような「環境」であったかを語ります。「分類」の基準となる標本はタイプ標本と呼ばれています。行方不明となっていたタイプ標本が当館で発見されたお話もありました。

星学芸員は、「標本と対峙すると、いろいろと語りかけてきてくれます。本当に奥が深い世界なんですよ...」としみじみされていました。

参加された皆さんも、標本の世界を楽しまれたご様子でした。

4標本をご覧になる参加者.jpg

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

開催中の企画展「収蔵庫は宝の山!~博物館の資料収集活動~」では、押し葉標本のほかにもいろいろなことを語る、博物館の収蔵資料がたくさん紹介されています。

開催期間は6月27日(日)までとなっております。皆様のご来館をお待ちしております。

今後の企画展関連行事は、下記の日程で開催される予定となっております。

● リレー講座「収蔵資料じまん話」 ※13時30分~15時、要予約
5月23日(日曜日) 「収蔵資料じまん話4~民俗編~」

● 展示解説 ※14時~15時
6月6日(日曜日)

● 学芸員とっておき講座 ※13時30分~15時、要予約。
6月20日(日曜日) 「美術工芸収蔵資料じまん話」

● 新収蔵庫ガイド ※両日とも11時~12時、13時30分~14時30分の2回開催、要予約
6月12日(土曜日)、6月13日(日曜日)

***

次回の県博デーは、6月20日(日)。

学芸員とっておき講座は、「美術工芸収蔵資料じまん話」です。

県博デーには、コンサートやクイズにチャレンジ、キッズツアー、百人一首読み札ぬり絵とイベントがたくさん!ぜひ、博物館に遊びに来てください♪