キッズツアー「常設展示の仲間たち」を行いました。

皆さんこんにちは!

11月20日の県博デーに「常設展示の仲間たち」を行いました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

当日の様子を少しご紹介します。


先日まで40周年展やアンモナイト展で盛り上がりを見せていた県博ですが、常設展示も見どころがたくさんあります。

今回は動物や植物などの生き物を中心にご紹介しました。

IMG_4566_R.JPGのサムネイル画像IMG_4569_R.JPGのサムネイル画像

まずは古代に生きていた生き物たちについてです。

フズリナをはじめアンモナイトやクジラなど、さまざまな化石が発見されています。

写真はオオガネクジラ。クジラは下あごの骨を見ることで大きく2種類に分けることができます。

オオガネクジラはヒゲクジラ。今でいうザトウクジラやシロナガスクジラの仲間です。

IMG_4573_R.JPGのサムネイル画像

そして古代といえばマンモス!そしてナウマンゾウ!

栃木県でもナウマンゾウの骨が発掘されています。この時代、ナウマンゾウをはじめたくさんの生き物が日本へやってきました。

IMG_4586_R.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

生物を見るといったら動物園ですが、ここ日光東照宮でもたくさんの生き物たちを見ることができます。

眠り猫や三猿が有名ですね。他にもトラやゾウ、そして龍などの伝説の生き物まで!ぜひ探しに行ってみてくださいね。

IMG_4593_R.JPGのサムネイル画像

そして展示室1から展示室2へ!

ここではカツオブシムシという文化財害虫(標本などを食べてしまう、博物館では良くない生き物)についてのお話をさせていただきました。

決まった場所以外で飲食は、カツオブシムシをはじめとする生き物たちがあつまってきてしまうので絶対にやらないようにしましょう。


次回のキッズツアーは12月18日日曜日県博デーに行います。

とちぎけんぱくキッズツアー「虫たちのかくれんぼ」

キッズツアーは事前予約不要ですので、ぜひご参加ください。

教育広報課 解説員

 11月20日(日)に小笠原学芸員による学芸員とっておき講座「栃木県の外来生物(脊椎動物)」を講堂にて開催しました。

 まず小笠原学芸員の自己紹介から始まり、学芸員としての仕事に最初は驚きを感じたと話していました。(カモシカの死体引き取りなど)

小笠原学芸員による解説.jpg そんな親しみやすい雰囲気の中、本題である「外来生物とは何か、どのような影響があるのか」を分かりやすく解説しました。

外来生物と聞くと、あまりいいイメージを持たれないが、そもそもは人間が本来その国・その地域に生息していなかった生物を持ち込んだのが原因であり、「外来生物=悪者」と思いすぎないようにしたいな...というのが小笠原学芸員の個人的な思いだと語っていました。

とは言っても、外来生物による悪影響があるのも事実であるため、影響は影響で切り取って考えたいという切り口から、今回の講座の本題に入っていきました。

 

外来種の影響.png

 

 そもそも外来生物による影響とは、どのようなものがあるのかをかいつまんで説明します。まず、人の生命・身体への影響です。人をかんだり(咬傷)、刺したりする。糞による建造物の汚損などが挙げられます。次に、農林水産業への影響です。農林水産物を食べられてしまう被害(食害)や、外来植物の繁茂により収穫量の低下を招くことが示唆されています。最後に、生態系への影響です。在来種を食べたり(捕食)、在来種の生息・生育環境を奪ってしまうことが考えられます(競合)。また、近縁の在来種と交雑し雑種をつくる可能性があります(遺伝的攪乱)。その他にも外来種問題は、生態系や人間社会に大きな影響をおよぼすとされています。

剝製の解説.jpg写真:左からアライグマ、ハクビシン、タヌキの剝製

講座の後半では、実際の剝製を用いての解説と県内の外来生物(脊椎動物)の紹介がありました。

 

  放しちゃだめ.jpg 

 

 

 最後に、外来種を増やさないために、私たちが注意すべき点のお話がありました。特に、ショップなどで売られている生物は、絶対に逃がしたり放してはいけません。一度飼い始めたら責任を持って最後まで飼育・栽培をしましょう。

 

 

 今回のとっておき講座では、外来生物とは何か?を参加者の皆様と共に考える機会の場になったとのではと思います。講座終了後は、3体の剝製を見たり学芸員に質問をしたりしていました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

******************

只今、自然系テーマ展「いま知ってほしい栃木の外来生物」を開催中です!

今回の講座で話した「外来種とは何か?」や県内の外来種について詳しく解説します。

(自然課 永嶋、三宅)

こんにちは。秋晴れのいいお天気が続いていますね。

中央公園の紅葉も見頃を迎えていて、とてもきれいです。

栃木県立博物館では11月12日に博やろ「手ぬぐいでミニ巾着をつくろう」を行いました。

参加してくだっさた皆さま、ありがとうございました。

その様子を少し紹介します。


IMG_4439_R.JPG

まず、好きな柄の手ぬぐいを選んでもらいました。

IMG_4441_R.JPG

IMG_4449_R.JPG

IMG_4456_R.JPG

選んだ手ぬぐいに紐を2本通します。

紐通しを使って通していきました。

みんな、頑張っていますね!

IMG_4452_R.JPG

IMG_4463_R.JPG

IMG_4467_R.JPG

IMG_4471_R.JPG

IMG_4474_R.JPG

紐が通せたら、結んで完成です。

完成した巾着はお土産として持ち帰ってもらいました。

次回の博やろは12月3日「まゆ玉でうさぎをつくろう」です。

事前の予約は不要ですので、皆さま遊びに来てください!

教育広報課 解説員 

みなさんこんにちは。だんだんと涼しい季節になってきましたね。

栃木県立博物館では11月5日にボランティアの方によるイベント「玉?をつくってあそぼう」を行いました。

IMG_4405.JPG

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

当日の様子を写真を交えながら少しご紹介します。


イベントは2つのブースに分かれて、行いました。

1つは、「シャボン『玉』あそび」です。

割りばしと毛糸を材料に作成したシャボン玉づくりの道具を、トレイの中にあるシャボン玉液に浸して、大きなシャボン玉を作りました。

とても大きなシャボン玉があちこちに広がり、ステキな空間でした。

IMG_4392.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_4406.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_4362.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_4377.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_4384.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像


2つ目は、「きょうりゅうの『玉』子づくり」です。

アルミホイルに、玉子の模様を自由に描き、力いっぱい振ると、静電気で勝手に玉子が動き出します。

玉子が変わった動きをするので、参加した方は、とても驚いていました。

IMG_4374.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_4387.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_4417.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_4419.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

2つのブースとも、気軽に手短で楽しく驚きもある、とてもワクワクしたイベントでした。

参加してくださったボランティアの方々、ステキなイベントありがとうございました。

次回のボランティアイベントは、年明け2023年1月29日(日曜日)の午後「しもつかれリースをつくろう」を行います。

果たしてどんなリースになるのか!?ご期待ください。

教育広報課

生物・地学収蔵庫ガイドを開催しました

 11月3日(木曜日)、生物・地学収蔵庫ガイドを開催しました。栃木県立博物館では、「文化の日」にちなんで、無料入館日となっております。そのため、この日は多くの来館者でにぎわいました。

今回の収蔵庫ガイドでは、11名が参加し、自然課の職員から収蔵庫の構造や特徴の紹介、標本の収集、整理、保管する意義などについての話がありました。

PB030542.JPG

初めに、本館の地学収蔵庫を見学しました。ここは主に、展示に活用する大きな化石や岩石・鉱物が収蔵されています。岩石・鉱物担当者によると、現在、収蔵庫内の資料整理の途中だそうです。

トラックヤードの解説.jpg

新収蔵庫棟のトラックヤード。資料の搬入・搬出を行うためのスペースであるという説明がありました。トラックが2台入れるほどのスペースがあり、上部には大型の資料を吊り上げて運ぶための電動クレーンが付いています。

民俗第2収蔵庫.jpg

こちらは、民俗第3収蔵庫です。魚類の剝製が並んでいます。「民俗の収蔵庫に魚の剝製?」と思われるかもしれませんが、民俗資料の一部には、昔使われた漁具が含まれています。それに関連した展示にも活用できるため、魚類の剝製も収蔵されています。

動物収蔵庫.jpg

続いて、動物収蔵庫です。鳥類や哺乳類などたくさんの剝製が並んでいます。近くで見ることができるため、大きさや形態の特徴を見たり、他の剝製と比較することができます。また、収蔵庫内は、収蔵資料の敵でもあるカビや害虫といった有害な物質の増殖を抑えるため気温・湿度は、一定に保たれています。

植物収蔵庫.jpg

学芸員による収蔵資料の解説と収蔵品の数の多さに、皆さん楽しみながらご覧になっていただけたのでは、と思います。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 

******************

11月19日(土)より自然系テーマ展「いま知ってほしい栃木の外来生物」を開催予定です。

アライグマやアマゾントチカガミを始めとする、栃木県で話題の外来種たちを解説します。

 

関連して、展示解説を行う予定です。日程は、下記の通りです。

場所:展示室 定員:20名 ※予約不要

・2022年12月4日(日)14:00~15:00

・2023年1月22日(日)14:00~15:00

(自然課 永嶋)

講座『火山灰は宝石箱』開催

  • 投稿日:
  • by

地学講座『火山灰は宝石箱』を開催しました。
           講師は当館学芸員 吉田貴洋です。

0049.jpg

火山灰はマグマが軽石や灰となって地表に降り注いだもので、火山灰の中にはマグマ由来の鉱物が含まれています。
火山灰を洗ってそこに含まれる鉱物を取り出し、実体顕微鏡で観察します。

0042.jpg

0047.jpg

マグマの成分によってできる鉱物も異なってくるため、鉱物種を調べるとどのような噴火様式のものであったか推測できます。

身近にみられる鉱物もなかなか美しいもので、まさに「火山灰は宝石箱」 タイトルに偽りなし!

12月の県博デーのご案内

  • 投稿日:
  • by

もっとみなさんに博物館を楽しんでいただくため、毎月第3日曜日の家庭の日に合わせて「県立博物館の日イベント 県博(けんぱく)デー」を開催しています。
ご家族と、ご友人と...博物館でいろいろ学びながら楽しく過ごしてみませんか。

kennpakuday12.jpg

※みーたん"おさんぽ"10:00~12:00館内各所

10月30日(日曜日)をもちまして、開館40周年記念展「鑑真和上と下野薬師寺~天下三戒壇でつながる信仰の場~」は閉幕いたしました。

最終週はいっそうのにぎわいで、最終日はさらに大勢のお客様にご来館いただきました。

最後の最後の時間までご観覧くださり、誠にありがとうございました。

 

そして最終日には、入館者数が2万人を突破しました!!\(^o^)/

2万人目のお客様は、栃木市よりお越しの大和田和歌子様、智紀様(小四)、晴紀様(年長)のご家族でした。

nimannin.JPG

ポスター等で展覧会のことを知り、ぜひ来たいと思われたそうです!

今日は駐車場がいっぱいで4回も周ってようやく駐車できたところで、2万人目にめぐり合わせたとのこと。

2万人目となってとても嬉しいとおっしゃってくださいました。

諦めずにご来館くださり、どうもありがとうございました。

また、1万人セレモニーと同様に、館長より記念のお品が贈呈されました。

内容は...

本展図録、当館招待券、オリジナルトートバッグ、オリジナルキーホルダー、オリジナル「下野薬師寺ブレンド」ドリップパック、博物館レストランペアお食事券

です。このうち、トートバッグは大好評につき会期半ばで売切れとなっていたのですが、なんと!みーたんが譲ってくれました!!

みーたんのやさしさに感謝 (>_<)

 

展覧会は閉幕しましたが、学芸員の仕事はまだまだ終わりません。

閉幕翌日より撤収を開始し、すでにほとんどのお品が丁寧に梱包され、箱にしまわれていきました。

tesyuu1.JPG

tesyuu2.JPG

tesyuu3.jpg

これから約ひと月をかけてそれぞれの拝借先に返却に伺います。

すべてのお品が無事にお帰りになるときまで、担当者一同、慎重を期して臨みたいと思います。

 

最後に改めまして、ご来館いただいた皆さま、そして本展を支えてくださったすべての皆さまに深く御礼申し上げます。

 

(人文課・久野)

連続講演会 下野薬師寺をめぐる歴史と美術③

10月22日(土曜日)。

連続講演会第三回目が開催されました。

今回は、本展調査委員である千田孝明先生(日光市観音寺御住職)と永村眞先生(日本女子大学名誉教授)よりご講演いただきました。

 

千田先生からは、「下野薬師寺と勝道、そして円仁―鑑真の法脈を視野に入れて―」という題目で、戒壇が置かれて間もない下野薬師寺で修行し、鑑真の弟子・如宝と恵雲に学んだとされる勝道と、鑑真の弟子・道忠の門流にあった円仁を中心に、鑑真渡来の影響についてお話しいただきました。

chisasennsei2.JPG

chidasennsei.JPG

 

永村先生からは、「中世における「下野薬師寺」の再興」という題目で、鎌倉時代に下野薬師寺を中興した慈猛とその弟子である審海を中心に、中世の下野薬師寺における真言と戒律についてお話いただきました。

nagamurasennsei.JPG

nagamurasennsei2.JPG

 

千田先生、永村先生、貴重なご講演を賜り誠にありがとうございました。

 

また、同日に開催したワークショップ「古代瓦の3Dぬり絵」は、午前だけでなく午後も引き続き行い、準備した材料はすべてなくなりました!

ご参加くださった皆さまありがとうございました。

 

以上で関連イベントの予定はすべて終了しましたが、展覧会の開催日数はあとわずか!!

なかなか出陳の機会のない資料もございますので、どうぞ最後までお見逃しなくお出かけいただければ幸いです\(^o^)/


【図録販売中】

先生方の講演の内容をもっと知りたい方は、本展図録をご参照ください。

講演いただいた先生方の最新論文が掲載されております。

図録は1冊2,500円で、当館ミュージアムショップにおいて販売中です。

通信販売も承っております。

https://tochitomo01.wixsite.com/my-site

(人文課・久野)

kireininureta.jpg

9月23日に行ったワークショップ「古代瓦の3Dぬり絵」の再びの開催が決定いたしました!

【開催概要】

日時:10月22日(土曜日)10時~11時(材料がなくなり次第終了)

場所:当館1階ロビー 下野薬師寺瓦レリーフ前(入館無料スペース)

参加費:200円(材料代として) 

古代瓦の使われ方や文様について思いをめぐらしつつ、ミニチュア模型に色をぬってもらうワークショップです!

用意している模型は、いずれも「鑑真和上と下野薬師寺」展で実物展示をしている栃木県内の古代瓦ですので、展覧会とワークショップの両方でお楽しみいただければ幸いです。

前回の反省のもと、ぬり絵をするだけではなく、古代瓦について考えたり知ってもらったりするきっかけとなるよう、新たにワークシートもつくってみました。

子ども大人に関わらず、多くの皆さまのご参加をお待ちしております\(^o^)/


~ワークショップ「古代瓦の3Dぬり絵」裏話~

前回9月23日のワークショップに至るまでのお話です(^^ゞ

 

事の起こりは昨年の冬?頃、「鑑真和上と下野薬師寺」展はかっちりとした内容なので気軽に楽しめるワークショップが何かしたい......、と思っていたところ、考古作業室に掛けられていた古代瓦のストラップが目にとまりました。

koukosagyousitu.jpg

(今回のワークショップで用意している模型にはストラップは付属しません)

過去、3D計測事業で瓦を計測し、ミニチュアに加工してシリコン型を作り、その型に石膏や樹脂を入れてできたものに色をぬるというワークショップをしたことがあったようです。

 

お!!なんてぴったりなんだ、下野薬師寺の瓦じゃないか!

と喜んだのは、当時まだ瓦の文様の区別がついていなかったふつつか者の私です。

「いいね~、やろうやろう!!」 と展覧会担当者内で盛り上がったのもつかの間、考古担当より、

「でも、下野国分寺と那須官衙の瓦しかないからねぇ...」 との一言。

たしかに...!館内の下野薬師寺の創建瓦のレリーフを確認すると、私が下野薬師寺の瓦と思っていたのは下野国分寺の瓦でした。

【開館当初からある館内のレリーフ】←本展撮影スポット!ワークショップ開催場所はここ。

hakubutukannokabe.jpg

決定的な違いは、下野国分寺は唐草文に囲まれていますが、下野薬師寺は面違鋸歯文というギザギザ文様になっているのです。

 

困った、とってもいいワークショップだと思ったのに......

いろいろ迷走した結果、しもつけ風土記の丘資料館さまで同じようなワークショップをすで行っていらっしゃることが判明しました。

そちらで使用されている型から型を複製させていただけることとなり、下野薬師寺の鬼瓦(創建期)・軒丸瓦(官寺昇格期)、下野国分寺の鬼瓦の3種を入手することが叶いました。

しもつけ風土記の丘資料館の皆さま、ここに記して厚く御礼申し上げます。

 

さて、型から型を複製する、とは?そしてワークショップ用の模型はどうやってできたのでしょう?

①しもつけ風土記の丘資料館さまの型から石膏型をつくる

【できあがった石膏型】

sekkou.jpg

・・・瓦の范型を持って移動した古代の瓦職人に思いを馳せる・・・

②石膏型を原型とし、シリコン型を作成する →型の完成

【石膏型にシリコンを流し固めているところ】

katawotukuru.jpg

【石膏型をはずしてシリコン型完成】

katagadekita.jpg

③シリコン型に樹脂(※)を入れる   ※次回開催時は、石膏を使用します。

【9月22日 博物館実習(考古・美術)の学生さんたちと一緒に行いました】

jissyuseito.jpg

④シリコン型から取り出す →模型の完成

IMG_20220922_165447176.jpg

 

展覧会開幕前は展示準備に追い込まれたため、シリコン型の作成以降の手順は開幕後にようやくとりかかるという感じで、失敗しないか、うまくできるのか、と不安になりながら、なんとか形になってほっとしたのはワークショップ前日のことでした。

お手伝いくださった実習生の皆さん本当にありがとうございました!!

当日も考古の博物館実習のお二人とボランティアの方々に助けられながら、盛況のうちに終わることができました。

どうもありがとうございました<m(__)m>

そして、ただいま、10月22日に向けて模型を量産準備中です!!

ぜひとも、ワークショップのご参加をお待ちしております\(^o^)/

(人文課・久野)