11月24日(日曜日)に企画展「昭和ノスタルジー-なつかしい栃木の情景-」がのべ1万5625人ものお客様にご来館頂き、無事に終了いたしました。11月8日(金曜日)には企画展開催中の来場者数1万人を達成し、社会科の学習で来られた親子の方に1万人目の記念として心ばかりの品をお贈りいたしました。たくさんのご来館まことにありがとうございました。

syouwa01.jpg

12月14日(土曜日)からは人文系テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」が始まります。

本展では、昭和40年頃までの暮らしの道具類を、衣・食・住・遊びに分けて展示します。道具やおもちゃの体験コーナーもあり、実際に触れてみることもできます。

ご家族やお友達と昭和の時代にタイムスリップしてみてはいかがでしょうか?

また、1月11日~3月28日の毎週土曜日、14時30分~15時00分には、関連講座「おじいさんやおばあさんの民話語り」も行います。栃木県内の民話の語りべの方々が語るいろいろなお話を聞くことができます。

(参加無料ですが、展示室で行うため観覧料が必要)

お楽しみに!

みなさんこんにちは!

11月30日の土曜日に、博物館でやってみよう!「紙すきでオリジナルハガキづくり」を行いました。その様子を、少しだけご紹介します。


まずはじめに、「紙」についてのクイズを行いました。

現在の私たちにとって身近な紙である「洋紙」は、ある生き物の巣をヒントにつくられるようになったのですが...。さて、何の巣でしょう?

IMG_6774_R.JPGIMG_6778_R.JPG

正解は、蜂の巣です。蜂は木くずを口の中で細かくして、巣の材料にします。その方法を真似てつくられたのものが、木材パルプです。

今回の紙すき体験は、このパルプを水でふやかしてオリジナルハガキをつくります。

IMG_6786_R.JPGIMG_6784_R.JPG

折り紙を切ってつくった飾りを載せて、ジャッキではさんで水をきります。アイロンで乾かせば、素敵なハガキの完成です。

IMG_6796_R.JPGIMG_6802_R.JPG


次回の博物館でやってみよう!は、12月8日(日曜日)「古墳時代の衣装を着てみよう」です。こちらは予約不要ですので、どうぞお気軽にお越しください♪(開催時間は、14時~15時半迄です)

教育広報課  解説員

12月のミュージアムツアーのご案内

当館では12月に以下の展示を開催いたします。

テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」11月26日(火曜日)~1月19日(日曜日)

★テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」12月14日(土曜日)~4月5日(日曜日)


12月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

ミュージアムツアーは1330分から開催しております。

土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。なお、第3日曜日はキッズ・ツアーを開催します。

 

12月1日(日曜日)  テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」

12月7日(土曜日)  テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」

12月8日(日曜日)  スロープ展示

※8日14時から15時まで、学芸員によるテーマ展「昭和天皇の生物学御研究」の展示解説もございます)

12月14日(土曜日) テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

12月15日(日曜日) キッズツアー「ネズコレフレンズ」

12月21日(土曜日) テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」

12月22日(日曜日) テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」


テーマ展・スロープ展示は約20分、キッズツアーは約30を予定しております。

 

キッズツアーとは?

通常のミュージアムツアーとは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板や館内放送にてお知らせいたします。

 

また、12月~年始の休館日は、

12月2日(月曜日)、9日(月曜日)、16日(月曜日)、23日(月曜日)、28日(土曜日)~1月4日(土曜日)です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

出前講座「十二単と狩衣の着付け体験」を行いました

11月23日(土曜日)、さくら市の瀧澤家住宅にて「十二単と狩衣の着付け体験」を行いました。

当日の様子を紹介します。まずは、十二単の着付けの様子から。

博物館の解説員と、さくら市ミュージアムの職員で、1枚1枚丁寧に着付けさせていただきました。

20191123_140232_R.jpg

最後に着用する裳(も)は、腰から下、後ろの部分しかありません。

そのため、モデル役の方には後ろを向いてもらい、参加者にじっくり見ていただきました。

20191123_141132_R.jpg

男性や、希望する女性には狩衣も着ていただきました。

20191123_111853_R.jpg

十二単に比べれば、身に着ける着物の枚数は少ないのですが、それでも「動きにくい」との声がありました。

20191123_111710_R.jpg

親子で十二単と狩衣を着て記念撮影された方もいました。

楽しんでいただけたようで良かったです。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

(教育広報課 中村)

みなさんこんにちは!

秋もすっかり深まって風が寒くなってきましたね。体調を崩されぬようお気をつけてください。

11月17日日曜日、県博デーにキッズツアー「よろい・かたなばなし」を行いました。

みんなが知っている鎧や刀についてお話をさせていただきました。

IMG_6703_R.JPG

こちらは体験用の鎧です。

今でもドラマやアニメやゲームなどで私たちも目にする鎧や刀ですが、

昔争いのために使われていた道具でした。

しかし改めてよく見てみると道具としての機能面だけではなく、その製作者、使用者が込めた願いが垣間見えます。

まず最初に刀のお話をさせていただきました。

おもちゃの刃物と実寸大の刀の写真を皆さんに見ていただきました。

IMG_1353_R.JPG

IMG_1351_R.JPG

おもちゃの剣は外国の剣がモデルになっています。おもちゃのほうは両方が刃になっているのに対し、日本刀は片方だけ刃になっています。

日本刀は斬りかかるように使っていたのに対し、外国でこのような武器は先端を突くように使っていたようです。

そのためか外国で使われていた鎧は、隙間の少ない、全身を覆ったような鎧が多いようです。

鎧は当時どのような武器を使っていたかで、見た目や素材が変わります。

博物館の体験用の鎧を見てみましょう。

IMG_6720_R.JPG

簡単に胴の部分だけ着てもらいました。

どちらも日本の鎧なのに見た目や形が違います。

左の鎧は『大鎧』。平安時代から鎌倉時代に使われた鎧で、馬に乗って弓引くのに適した鎧です。

右の鎧は『当世具足』。戦国時代に使われていた鎧で、金属で作られています。銃の弾を防ぐために造られた鎧です。

それぞれの時代に使われていた武器に合わせて鎧は実用的に変化していきました。

え、日本刀は?と思われるかもしれませんが、実は弓矢や銃に比べると日本刀が戦に使われる機会はあまりなかったようです。

そして戦が多くなってくると、武具の製作者、使用者は願いを込めてこんな武具を使うようになりました。

IMG_1349_R.JPG

こちらは当館の展示室1にj展示してあります。兜に二股大根がついていますね。

二股大根は縁起のいい野菜だと考えられており、大黒天という神様のお供え物になっていました。

戦の多い不安定な時代は仏様や神様に戦の無事を願ったり、戦に勝てるようにと、

縁起のいいものを模して兜に飾りつける『変わり兜』が見られるようになりました。

全国の変わり兜の中には虫や動物や様々なものに模したユニークなものもあります。その形にこめられた意味と合わせて是非調べてみてください。

実はこうした願いは刀の刀身にも見られます。

IMG_1355_R.JPG

こちらは博物館で収蔵している日本刀「太刀 銘 勝広造」の写真です。※普段は展示しておりません。

このように梵字が彫られているものがあります。梵字は一文字で仏様をあらわしており、こちらの梵字は不動明王をあらわしています。

 

鎧や刀のなかには、戦の道具としての機能面だけではなく、当時の使用者の願いがこめられています。

当館や他の施設で鎧や刀を御覧になった際、是非それぞれの武具や武器にこめられた願いも想像して頂ければと思います。


次回の県博デーは12月15日(日曜日)です。キッズ・ツアーは「ネズコレフレンズ」を行います。

来年の干支「ネズミ」のいろいろなお話をします。

皆さまのお越しをお待ちしております。

教育広報課 解説員

講座「火山灰は宝石箱」行いました!

11月9日(土曜日)、講座「火山灰は宝石箱」を行いました。

この講座は、出前講座などでも人気の講座です!

今年も色々な場所で出張講座をやらせていただきましたが、県博で行うのは、今回が初めて。

当日は、15名の方がご参加くださいました。

s_IMG_8046.JPG

s_IMG_8058.JPG

火山灰の中から宝石を見みつけるためには、火山灰を洗わなくてはいけません。

ちょっと大変な作業ですが・・・みなさん、ご家族で協力して、楽しそうに火山灰を洗っていました!

本日は3種類の火山灰を用意しました。

s_IMG_8060.JPG

洗った火山灰を顕微鏡で観察します。

IMG_8062-2.jpg

お配りした写真と見比べて、洗った火山灰がどこの火山からでたものかを当ててもらいます!

「きれい~!」とスマホのカメラで撮影する方もいらっしいました。

まさに火山灰は、宝石箱なのです!

s_IMG_8070.JPG

最後にみんなで答え合わせをしました。

火山灰のどんなところを見比べましたか?という質問に、

「大きさ」「色」などと答えてくれました。

みなさん、よく観察してくれました!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

(自然課 薄井)

11月のミュージアムツアーのお知らせ

当館では11月に以下の展示を開催いたします。

★企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」10月12日(土曜日)~11月24日(日曜日)

★テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」11月26日(火曜日)~1月19日(日曜日)

 


11月のミュージアムツアーのスケジュールについては以下のとおりです。

※ミュージアムツアーは13時30分から開催しております。

※土曜日、日曜日(第3日曜日を除く)、祝日のみの開催です。なお、第3日曜日はキッズ・ツアーを開催します。

11月2日(土曜日)  企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」

11月3日(日曜日・祝日)  企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」 

11月4日(月曜日・祝日)  企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」

11月9日(土曜日)  ロビー展示「大地のつくりと変化」

(11月9日は、14時から15時まで、学芸員による企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」の展示解説もございます)

11月10日(日曜日) 企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」

11月16日(土曜日)  企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」

11月17日(日曜日) キッズツアー「よろい・かたなばなし」

11月23日(土曜日・祝日) 企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」

11月24日(日曜日)  企画展「昭和ノスタルジー―なつかしい栃木の情景―」

11月30日(土曜日)  テーマ展「昭和天皇の生物学御研究」


※ロビー展示は約15分、テーマ展は約20分、

 キッズ・ツアーは約30分、

 企画展は約40分の解説を予定しております。

☆キッズ・ツアーとは?☆

通常のミュージアムツアーとは異なり、お子様向けに毎回内容をかえて解説を行います。

解説場所については、当日の館内の掲示板や館内放送にてお知らせいたします。

 

また、11月の休館日は、

5日(火曜日)、11日(月曜日)、18日(月曜日)、25日(月曜日)です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

皆さん、こんにちは。

先日の10月26日(土曜日)に「わかぴったん」を行いました。

こちらの体験は、博物館と宇都宮短期大学附属高等学校日本音楽部さん達とのコラボ企画です!

その様子を少しご紹介します。

 

初めに、百人一首体験を行いました。

IMG_0559_R.JPG

なんと、宇都宮頼綱(蓮生)さんと藤原定家さんの二人がゲストで参加してくれました。

IMG_0569_R.JPG

皆さん、楽しそうですね!

次は、宇都宮短期大学附属高等学校日本音楽部の生徒さんによる箏の演奏です。

IMG_1222_R.JPG

箏の音色が綺麗で素敵な演奏でした!

最後に、箏の体験を行いました。

IMG_1240_R.JPG

宇都宮短期大学附属高等学校の生徒さんたちが、箏の弾き方を優しく教えてくれました。

IMG_1238_R.JPG

箏に触るのも初めてという方がほとんどでしたが、全員で「サクラサクラ」の曲を弾くことができました!


体験に参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました!

次回の博やろは、「鎧を着てみよう」(11月2日)です。

皆さまのお越しをお待ちしております!

                                             教育広報課 中村・阿見・細谷

みなさんこんにちは!

1020日の県博デーで、キッズツアー「ノスタルジーってなんだろう?ちょっと昔にタイムスリップ!!」を行いました。

タイトルにある「ノスタルジー」とは、「過ぎ去った時間や時代、故郷を懐かしむ気持ち」という意味があります。ただいま開催中の昭和のくらしを伝える企画展を巡り、保護者の方には「ノスタルジー」を感じていただき、お子様にとっては新たな発見ができるような解説を行いました。

その様子を少しだけご紹介します。

こちらは、各家庭に電気が普及していなかったころの囲炉裏の様子です。子ども達にとっては、時代劇の中にタイムスリップしたような気持ちでしょうか...。みんな目を丸くして、積極的に質問をしてくれました。IMG_1911_R.JPGIMG_1912_R.JPG

こちらは、遊びのコーナーです。ちょっと懐かしいおもちゃや街並みが再現されています。せっかくなので、みんなで輪投げをして遊んでみました!今とは違って、昔は大人から子どもまでみんなで一緒に遊べる遊びがたくさんありました。

IMG_1921_R.JPGIMG_1922_R.JPG

参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

開催中の企画展は、大人から子どもまでみんなが楽しめる展示となっています。ぜひ博物館にきて、「ノスタルジー」を体感してみてくださいね。


次回の県博デーは1117日(日曜日)です。キッズ・ツアーは「よろい・かたなばなし」を行います。みんなも知っている鎧(よろい)・刀(かたな)。そこにこめられた、ひとの想いを見てみよう。

皆さまのお越しをお待ちしております。

教育広報課 解説員

栃木県博物館協会加盟館園の開館状況について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

栃木県博物館協会加盟館園におきましても、地域によって床上浸水等の被害が発生いたしましたが、現在は別表のとおりの開館状況です。ただし、今後変更等が生じる可能性もありますので、詳しくは各館園にお問い合わせください。

被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

R2栃博協会員:台風19号被災状況_修正版.pdf