宇都宮・会津仕置430周年記念 豊臣秀吉の宇都宮仕置

展示概要

  天正18年(1590)、小田原城(神奈川県)の北条氏を滅ぼした豊臣秀吉(1537~98)は、7月~8月に下野宇都宮(栃木県宇都宮市)、つづいて陸奥会津(福島県会津若松市)に下向し、関東・東北地方の諸大名らを配下に収めるとともに、刀狩りや検地などの諸政策を実施しました(宇都宮・会津仕置)。これらによって秀吉の天下統一がついに完成し、関東・東北地方の戦国時代はようやく終わりを迎えます。

  日本史上の大きな転換点といえる秀吉の宇都宮・会津仕置が実施されてから430周年を迎える令和2年(2020)に、これに関連する地域の資料館・博物館が中心となって宇都宮・会津仕置430周年記念イベントを開催し、宇都宮・会津仕置の歴史的な重要性を再評価したいと思います。

  当館では、豊臣秀吉の天下統一にともなう、宇都宮での秀吉の仕置(同年7/26~8/4、8/14~15)に関連した資料を展示します。


主な資料
No.1 壬生義雄書状  1通  天正15年(1587)10月9日付 個人所蔵
<br><豊臣秀吉の天下統一がまさに目前!下野の緊迫した政治状況が語られる!>
No.1 壬生義雄書状 1通  天正15年(1587)10月9日付 個人所蔵
<豊臣秀吉の天下統一がまさに目前!下野の緊迫した政治状況が語られる!>

No.2 (パネル展示)豊臣秀吉像  1幅 江戸時代(17世紀) 佐賀県重要文化財<br>佐賀県立名護屋城博物館(佐賀県唐津市)所蔵<br><宇都宮にのべ11日間滞在して天下統一の総仕上げ!>
No.2 (パネル展示)豊臣秀吉像 1幅 江戸時代(17世紀) 佐賀県重要文化財
佐賀県立名護屋城博物館(佐賀県唐津市)所蔵
<宇都宮にのべ11日間滞在して天下統一の総仕上げ!>

No.3 (パネル展示)伊達政宗像 1幅  江戸時代(17世紀) 仙台市博物館所蔵<br><独眼竜のはず!?遺言により両眼が描かれた肖像画>
No.3 (パネル展示)伊達政宗像 1幅  江戸時代(17世紀) 仙台市博物館所蔵
<独眼竜のはず!?遺言により両眼が描かれた肖像画>

No.4 伊達政宗書状  1通  天正18年(1590)7月27日付 当館所蔵
<br><秀吉様!徹夜で向かっていますが、また遅刻します!>
No.4 伊達政宗書状 1通  天正18年(1590)7月27日付 当館所蔵
<秀吉様!徹夜で向かっていますが、また遅刻します!>

No.5 (パネル展示)重要文化財 銀伊予札白糸威胴丸具足 豊臣秀吉所用   
1領 桃山時代(16世紀) 仙台市博物館所蔵
No.6 (パネル展示)重要文化財 金地卍文軍配団扇 豊臣秀吉所用    
1握  桃山時代(16世紀) 仙台市博物館所蔵
No.5 (パネル展示)重要文化財
銀伊予札白糸威胴丸具足 豊臣秀吉所用   1領
桃山時代(16世紀) 仙台市博物館所蔵
<伊達政宗が宇都宮で拝領した甲冑>

No.6 (パネル展示)重要文化財
金地卍文軍配団扇 豊臣秀吉所用(表・裏) 1握
桃山時代(16世紀) 仙台市博物館所蔵
<伊達政宗が宇都宮で拝領した団扇>
No.7 豊臣秀吉朱印状  1通  天正18年(1590)8月1日付 当館所蔵
<br><宇都宮滞在中の秀吉が命令を下す!>
No.7 豊臣秀吉朱印状 1通  天正18年(1590)8月1日付 当館所蔵
<宇都宮滞在中の秀吉が命令を下す!>

No.8 豊臣秀吉朱印状(那須文書) 1通 文禄2年(1593)11月20日付 当館所蔵
<br><宇都宮仕置時の支配方針を変更する>
No.8 豊臣秀吉朱印状(那須文書) 1通 文禄2年(1593)11月20日付 当館所蔵
<宇都宮仕置時の支配方針を変更する>

PageTopへ

作品目録

ロビー展示 宇都宮・会津仕置430周年記念 「豊臣秀吉の宇都宮仕置」出品一覧pdfmokuroku.pdf(115KB)

PageTopへ