菊地愛山画「県庁新設祝賀之図」<部分>
(宇都宮市教育委員会蔵)
人文系歴史部門 テーマ展

下野国から栃木県へ
−栃木県を形作った人々−

開催期間:
2019年2月23日(土曜日)

    〜4月7日(日曜日)



はじめに
 戊辰戦争と明治維新を経て、わが国は新たな時代を迎えました。下野国においては明治元年(1868)9月下旬まで各地で戦いが続きましたが、その間にも新政府は着々と天領(幕府直轄地)や諸藩をその統制下に置きました。
 新政府から派遣された歴代の知県事(県令)は、下野国内の整理統合を進めて栃木県を成立させたほか、政府からの指令にしたがって各種改革を実行し、次々と課題に取り組んで栃木県の近代化を推進しました。また同じころ、栃木県内でも殖産興業の流れがおこって産業の振興がはかられ、富岡製糸所よりも早く設立された器械製糸工場大オ商舎のように、全国でも先駆的な試みもありました。
 本テーマ展では、明治初頭から前半における栃木県の成立と発展をたどり、鍋島幹・藤川為親・三島通庸の3県令を中心に、栃木県を形作った人々を紹介します。

関連行事
1)とっておき講座 下野国から栃木県へ−栃木県を形作った人々−
  日時 2019年3月17日(日曜日)13時30分〜15時
  場所 当館 研修室
  対象 中学生以上
  定員 40名
  申込 事前電話申込(028-634-1312)
  ※参加費は無料ですが、館内を観覧する場合は別途観覧料が必要です。
2)展示解説 テーマ展「下野国から栃木県へ−栃木県を形作った人々−」
  日時 2019年3月3日(日曜日)14時〜15時
  場所 当館 展示室2
  定員 20名
  ※ 予約不要(時間になりましたら会場にお集まり下さい)
  ※ 観覧料が必要です

 

主な展示資料
第1章 明治の夜明け 戊辰戦争宇都宮城攻防図(部分)(光明寺蔵)
                   戊辰戦争宇都宮城攻防図(部分)(光明寺蔵)

 

第2章 藩県分立の時代
戸田忠友肖像(栃木県立文書館蔵) 戸田忠友宇都宮藩知事辞令(戸田忠和家文書)(栃木県立文書館蔵)
戸田忠友肖像(栃木県立文書館蔵) 戸田忠友宇都宮藩知事辞令(戸田忠和家文書)
(栃木県立文書館蔵)

 

第3章 栃木県の成立
栃木県庁図(部分)(栃木市教育委員会蔵) 栃木県管下下野全図上野国三郡区画明細絵図(部分)(当館蔵)
栃木県庁図(部分)(栃木市教育委員会蔵) 栃木県管下下野全図上野国三郡区画明細絵図
(部分)(当館蔵)

 

第4章 県政の転換と県庁移転
三島通庸像(那須野が原博物館蔵) 栃木県庁之図(当館蔵)
三島通庸像(那須野が原博物館蔵) 栃木県庁之図(当館蔵)

 

第5章 近代栃木の一側面
高橋由一画 鑿道八景 下野塩谷郡男鹿川独橋有三架(那須野が原博物館蔵)   上野文七郎撮影 栃木県新道写真 県庁正面ノ景(那須野が原博物館蔵)
高橋由一画 鑿道八景 下野塩谷郡男鹿川独橋有三架
(那須野が原博物館蔵)
上野文七郎撮影 栃木県新道写真 県庁正面ノ景
(那須野が原博物館蔵)
大オ商社商標(当館蔵) 山岡鉄舟書 柳林農社扁額(渋沢栄一記念館蔵)
大オ商社商標(当館蔵) 山岡鉄舟書 柳林農社扁額(渋沢栄一記念館蔵)

 

テーマ展「下野国から栃木県へ―栃木県を形作った人々―」出品目録

お問い合わせ

栃木県立博物館 028-634-1311