カモシカの頭骨
カモシカの頭骨

自然系テーマ展

骨が語る動物の秘密


開催期間:令和2(2020)年3月14日(土)~9月22日(火・祝)

開催概要

 栃木県立博物館で作製し、収蔵してきた動物の標本のうち、中型・大型哺乳類の骨格標本について、頭骨・歯・手足の骨に焦点を当てて紹介し、新しく作製した組み立て骨格標本も展示します。普段見る機会が少ない動物の骨を、近くからじっくりとご覧ください。


展示内容

・カモシカ、アライグマ、イノシシ、イヌ、ネコなどの組み立て骨格標本
・食べるものを反映した頭骨や歯の骨格標本の比較展示
・動物の歩き方の違いがわかる手足の骨の展示
・骨格標本作製の実際の過程、個々の標本作製に関する話題

ブタの頭骨

ネコの組み立て骨格

アライグマの組み立て骨格

イヌの組み立て骨格

イノシシの組み立て骨格

展示会場の風景

関連行事

以下の行事は新型コロナウイルス感染拡大防止対策の臨時休館により中止になりました。

●学芸員とっておき講座「骨が教えてくれること」
 今回のテーマ展に至るまでの経過と展示物以外の内容に関してご紹介します。
日時:令和2年3月15日(日) 13:30~15:00
会場: 講堂
定員: 40名

●講座「ニワトリの手羽先で骨格標本をつくろう」
 ニワトリの手羽先の中にある骨をとり出し、標本を作ります。
日時:令和2年3月22日(日) 13:30~16:00
会場: 研修室
定員: 20名

●展示解説
 展示を見ながら、担当学芸員が見どころを分かりやすく解説します
 日時:令和2年3月20日(金・祝) 14:00~15:00
令和2年5月6日(水・祝) 14:00~15:00
会場: テーマ展示室
定員: 20名


お問い合わせ
教育広報課 028-634-1312 (直通)

Copyright©2007 Tochigi Prefectural Museum, All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。