オオモミジの葉
オオモミジの葉

自然系テーマ展

もみじとカエデ


開催期間:平成31(2019)年3月16日(土)~6月16日(日)

開催概要

 別名「もみじ」とも呼ばれて親しまれている「カエデ」。秋には美しく色づき、栃木県には紅葉の名所がいくつもありますが、春や夏の新緑のカエデに注目されることは多くありません。さまざまな形の葉や、春から初夏にかけて咲く花など、あまり知られていないカエデの姿に目を向けます。栃木県には23種のカエデの仲間(ムクロジ科カエデ属)が自生しています。これら栃木県のカエデについて、葉と花と“タネ”の形に注目して紹介します。

 今年の春は、カエデの花を楽しみませんか?


展示内容

・葉の形
 カエデやもみじの葉といえば、手のひら型と思われがちですが、まったく異なる形の葉をもつカエデがあります。展示では、葉の形から、カエデの仲間を当てるクイズを交えて、ご紹介します。
・花と “タネ”の形
 4~7月はカエデの花の時期で、黄色や赤色の小さな花が咲きます。その後に熟す“タネ”は、羽根のようなものをもっています。展示では、県内で撮影した花の拡大写真と標本でご紹介します。

イロハモミジの葉と“タネ”

クロビイタヤの葉と“タネ”

イロハモミジの花

ホソエカエデの花

関連行事
学芸員とっておき講座「カエデの花って見たことある?」
 栃木県に自生するカエデについて、花を中心に紹介します。
日時: 2019年4月21日(日) 13:30~15:00
講師: 三瓶ゆりか(当館学芸嘱託員)
会場: 研修室
定員: 40名

●展示解説
 展示を見ながら、担当学芸員が見どころを分かりやすく解説します。
日時: 2019年3月24日(日) 14:00~15:00
2019年4月7日(日) 14:00~15:00
2019年5月26日(日) 14:00~15:00
講師: 三瓶ゆりか(当館学芸嘱託員)・星直斗(当館学芸員)
会場: テーマ展示室
定員: 20名
※参加費は無料ですが、館内を観覧するため、別途観覧料が必要です。



お問い合わせ
教育広報課 028-634-1312 (直通)

Copyright©2007 Tochigi Prefectural Museum, All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。