栃木市篠山貝塚(撮影:栃木県立博物館開設準備室)

栃木市篠山貝塚
(撮影:栃木県立博物館開設準備室)
なす風土記の丘資料館・栃木県埋蔵文化財センター・栃木県立博物館
3館連携共通テーマ「食」展
栃木県立博物館人文系テーマ展

栃木の海と貝塚


開催期間:令和2年2月22日(土曜日)~ 4月5日(日曜日)
展示主旨

 教科書では「縄文人のゴミ捨て場」と説明される「貝塚」ですが、本当は縄文人の食生活を知るための「宝の山」なのです。近年では「地球温暖化」が取りざたされていますが、縄文時代は今よりも平均気温が高く、栃木県のすぐそばまで海だった時期(縄文海進)がありました。
 発掘された貝や魚の骨などから縄文人の食卓は川・海の幸がとても豊かだったことがわかります。本展を機に自然とともに生きた縄文人の生き方に興味をもっていただければ幸いです。


展示構成と主な資料
第1章 栃木の主な貝塚
第2章 貝塚からわかる縄文人の狩猟・採集
第3章 水辺でくらす縄文

 

栃木市篠山貝塚(栃木県立博物館開設準備室撮影) 野木町野渡貝塚出土の貝
栃木市篠山貝塚
(撮影:栃木県立博物館開設準備室)
野木町野渡貝塚出土の貝
(当館蔵)
釣針 篠山貝塚(当館蔵) 深鉢形土器(所蔵:京都大学総合図書館)(画像提供:野木町教育委員会)
釣針 篠山貝塚
(当館蔵)
(点線は推定復元)
深鉢形土器
(所蔵:京都大学総合図書館)
(画像提供:野木町教育委員会)

関連行事

担当学芸員による展示解説
日時:令和2年3月7日(土曜日)14時00分~15時00分
場所:展示室2
   定員:20名
   ※参加費は無料ですが、館内を観覧するので、別途観覧料が必要です。




テーマ展「栃木の海と貝塚」出品目録


お問い合わせ
教育広報課 028-634-1312 (直通)