「龍虎図屏風」狩野尚信(左隻)(部分)
   当館蔵

人文系美術工芸部門 冬季テーマ展

アニマルパラダイス
-美術のなかの動物たち-



開催期間:2017年2月25日(土曜日)
~4月2日(日曜日)

開催について
  動物はお好きですか?

  道ばたで見かけるネコ。電線に止まっているスズメ。私たちの生活のなかであたりまえのように出会う動物たち。実は博物館にもたくさんの動物たちが暮らしているんです。今回は、いつもは収蔵庫のなかで眠っている動物たちを、人文と自然の分野の垣根を越えて展示室に呼び出しました。
  美術のなかの動物たちと標本の動物たちは、同じ博物館のなかにいますが普段顔を合わせることはありません。展示室のなかで対面した彼らは、お互いをどう思うのでしょうか。

   「君が作った巣のかたち、なかなかいいね」
   「私はそんな羽の色じゃないわ!」

と標本の動物たちは言うかもしれません。対して

   「弓矢も使えるなんてすごいでしょ?」
   「僕たちはこんな木にもぶら下がれるんだよ」

と美術のなかの動物たちは自慢げに返しているのかも。

  展示室のなかは動物たちの楽園です。動物たちはそれぞれ見ている皆さまに楽しく何かを語りかけています。そんな動物たちのストーリーを想像しながら、総合博物館ならではの展示をとおして美術に親しんでいただければ幸いです。

関連講座
展示解説
  本展示を観覧しながら、担当学芸員がわかりやすく解説します。
  日時 3月5日(日曜日)14時00分~15時00分
  場所 当館展示室2
  定員 20名
  ※参加費は無料ですが、館内を観覧するので、別途観覧料が必要です。


「海棠に三光鳥図」
小泉斐
(個人蔵)
「釈迦三尊十六善神図」
(日光市・圓光寺蔵)
「花禽虫魚図画帖」のうち
「蒲塘秋艶図」椿椿山
(当館蔵)
「龍虎図屏風」狩野尚信(右隻)(当館蔵)
「鳥獣戯画」田﨑草雲(部分)(当館蔵)

テーマ展「アニマルパラダイス-美術のなかの動物たち-」出品目録



お問い合わせ
教育広報課 028-634-1312 (直通)